土地活用の手段である「駐車場経営」と「賃貸物件」

不景気の世の中では本業以外にも副業を利用する人が多く見られる傾向です。副業の一つとして土地活用を行うことを検討しては如何でしょうか。土地活用にはさまざまな種類があります。まず、駐車場として活用する方法です。駐車場として活用する際には、駐車場の管理や運営を委託する方法と、自主管理または自主運営の方法があります。管理や運営を委託することによって、駐車場内におけるトラブルが生じた際に、第三者へ委託することが可能となります。


駐車場の管理や運営について多様なノウハウや実績を持っている第三者へ管理や運営を委託することによって、より適切な対応(処理)を行うことが可能となります。また、自主管理に比べると効率的に利用者を見つけることができます。設備の充実も期待できることでしょう。賃貸住宅を建てることも土地活用の方法です。賃貸住宅の建設は税制面においてメリットがある点が魅力的ではないでしょうか。賃貸住宅を建てた土地活用の際にはコストと家賃収入のバランスを見極めることがポイントです。交通アクセスや規模、土地周辺の賃貸住宅に関する情報(家賃や空室状況、賃貸住宅の数など)を考慮した上で、ターゲット層を検討しましょう。また、個人ではなく企業や店舗など法人向けの賃貸物件を建てることも良いのではないでしょうか。法人向けの賃貸物件は防犯やセキュリティ設備、トイレや給湯室など水回りの完備、電気容量設備の増加などによって個人向けよりも若干建築コストが高くなる傾向にあるものの、賃料をアップさせることが可能です。


一定以上の広さを持っている土地であれば、駐車場の完備されているファミリー向けの飲食店や大型店を誘致することも可能です。パターンとしては土地を所持している人が建てた建物を賃貸に出すタイプと、テナント側が建物を建てるタイプに分かれます。テナントが建設のための費用を協力金という形で地主に渡すというタイプもあり、状況に応じてパターンを考えることが可能です。初期投資が若干上がるものの、駅から多少距離があっても車の来店客を見込める可能性があります。アパートやマンションなどより比較的高い賃料を得ることが可能です(地域によって多少の差があります)。一般的には建物の修繕や維持に生じる管理などをテナント側が受け持つケースが多い為、地主側は管理に関する負担が減少することがポイントです。土地活用を行うことによって安定的な収入を得ては如何でしょうか。

土地の状況によって、建てるアパートが変化するので掛かる費用も変動する。30年先を見越した先見のアパート経営方法。遊ばせている土地を有効活用しようと考えている方。独自調査により、導き出された土地活用。エリアに合わせた物件を選定し、提案している。都市計画等の情報をい察知し、土地活用を行っている。30年先を見据えた調査ノウハウをもって建設候補地を探し出しオーナー様に提案している。土地活用ならこちら

Blog Home