みんなに使ってもらえるような土地活用を考えましょう

土地というのは立派な財産になってくれるものですが、それだけで終わってしまいます。何もしていないのに、そこに土地があるというだけで固定資産税を納めなければいけないのは、すごくもったいないことです。せっかく自分が所有している土地ですし、ある程度のスペースがあるのならば、自分の意思でそこを上手く利用してみてはいかがでしょうか。不特定多数の人が利用できるよう、土地活用をするのです。そして貸し出すことで、そこを誰かが利用した分に応じて毎月収入が手元に入ってくることになります。

たとえば駐車場として、みんなに貸し出すことができます。その中でも立体駐車場にすれば、借りる方も多くなるでしょうから、それだけの収入を得られるというわけです。その土地がある周りの状況、たとえばほかに車を止めておける場所が少ないなどを、きちんと見極めたうえで土地活用を考えると失敗はないでしょう。そのほかの土地活用として最近注目されているのが、その土地に賃貸マンションを建てることです。階数が多ければ多いほど、それだけ利用者が増えるということになります。その時々の景気などを考慮しながら、自分の好きな賃料で貸し出すことができるのもメリットです。家を借りるときには、敷金や礼金を前もって払うことになっているのが一般的ですから、住民が入れ替わるたびに、それだけの収入を得られるというわけです。契約を更新する場合には、契約更新料も払わなければいけませんので、それも収入になります。

そんなマンションは自然消耗品として、使っているうちに、どうしても傷んできてしまいます。それは仕方がありませんが、それだけのメンテナンス料を支払ったとしても、上手くやりくりすれば手元に残る収入の方が多いということになるでしょう。こちらも、地域周辺の状況をチェックするのが大切です。たとえば駅やバス停などが近くにあり交通の便がよい場所だという場合には、借りてくれる人も多くいるでしょうから利益も得やすいです。ほかにも建物を建てて、貸し店舗として貸し出すという方法もあります。その店舗を借りた人がオフィスとして利用したり、カフェをオープンしたりなど様々な用途で利用してくれるでしょう。この場合にも、毎月賃料を得ることができるようになります。これらのほかにも、アイデア次第で色々な土地活用をすることができます。更地のままよりも、建物を建てた方が固定資産税が安くなると決まっていますので、どのようにすれば自分にとって利益が多くなるかを検討したうえで、無駄のないように土地活用していきたいです。